産官学連携プロジェクトから生まれた疲労回復ドリンク「イミダペプチド」

私、今年は夏バテしませんでした。
普通に食欲があってよく食べ、体の動きも軽快でした。
ものすごく暑い日はちょっとしんどかったけれど、総じて元気でしたよ(^^)

去年までは毎年バテバテにバテていたのに今年はどうしたの!?
と自分でもちょっとびっくりしています。

一番の理由はたぶん、例年より寝苦しい日が少なかったこと。
ぐっすり寝られると疲労回復が全然違いますものね!

その次は、サプリのおかげかな?
アイハーブで買ったニンニクサプリはなかなか良かったです(^^)

そして、これ(↓)。
疲労予防・疲労回復力を高めてくれるドリンクです。
一番キツイ8月の外回り仕事のときに連続して飲んだら、すごくラクに動けました!
201409041620347a4.jpg
メーカー;日本予防医薬
商品名;イミダペプチド
内容量;30ml×10本
エネルギー:22kcal
原材料;
鶏肉抽出物(イミダペプチド200mg)、はちみつ、濃縮りんご果汁、酸味料・香料、増粘安定剤(ジェラン)
価格;2,680円(税込)
    送料…全国一律300円

※効果の薄い類似品にご注意ください。
こちら(↓)は公式サイトです。




ドリンクよりカプセルがお好みの方は、こちら(↓)をどうぞ。
40粒入り(10日分)で980円(送料無料)。
イミダペプチドの含有量はドリンクと同じです。





【産・官・学が連携して研究】

巷にあふれる栄養ドリンクの中で、一線を画すちょっとすごいドリンクです☆

だって、「産官学連携抗疲労プロジェクト」(総額15億円超)から生まれた商品だから!

近年、日本では「疲労」に関する研究が進んでいます。
厚生労働省も1991年に慢性疲労症候群の調査研究班を発足させ、調査をしています。
(「疲労」は今や深刻な社会問題)

そして、2003~2006年、大阪市、大阪市立大学他、大手企業18社および㈱総合医科学研究所が連携をとり、抗疲労商品の実用化に向け、上記のプロジェクトが発足されました。
(参加企業の一覧表はすごい顔ぶれ!→こちら

同プロジェクトが行った『抗疲労成分』の研究では、
まず『抗疲労』効果があるとイメージされる食品成分を23種ピックアップ。
  ↓
そのうち6種の成分に「抗酸化」作用があることを確認。
  ↓
なかでも骨格筋への移行が多く、筋組織において強い抗酸化作用を示し、抗疲労効果が顕著に現れた成分が、鶏肉抽出成分「イミダペプチド」だったのです。
201409051140254b0.jpg



【鶏胸肉に多く含まれる、疲労を軽減する成分】

イミダペプチド(イミダゾールジペプチド)は、ヒトや動物の骨格筋に存在するアミノ酸結合体です。
特に、長時間、翼を動かし続ける渡り鳥の筋肉中に高濃度に含まれ、食肉においては鳥胸肉が牛肉や豚肉に比べて2~3倍も豊富に含んでいることが知られています。

渡り鳥が数週間も休むことなく飛び続けることができるパワーの源は、この成分にあるそうです。

イミダペプチドは抵酸化作用がとても優れていて、“疲労”の原因の一つである活性酸素を除去し、活性酸素によるダメージから体を守り、疲労を軽減してくれる働きがあります。


口径摂取でも抗疲労効果があると、プロジェクトの臨床実験で証明されました。
以下、日本予防医薬のサイトからの引用です。

「現在、抗疲労に関する研究をしている大阪市立大学の研究チームの実験の結果、『イミダペプチド』成分には抗疲労効果があることが発表されました。
その内容は、『イミダペプチド』成分を4週間毎日摂取した後、4時間の自転車こぎ運動を行い、日常生活で起こる肉体疲労の負荷をかけるというもの。

一方は、『イミダペプチド』成分を摂取した人(グラフの赤)、一方は味やカロリーは同じでも『イミダペプチド』成分が入っていないものを摂取した人(グラフのピンク)です。それぞれを比較すると、なんと実験終了直後の疲労感において、『イミダペプチド』成分を摂取していない人は、した人の約1.5倍、さらに実験終了4時間後は約2倍もの差があります。

このことから、『イミダペプチド』成分には、疲労予防をする力だけでなく、疲労回復力を高める力があると考えられます。」
20140905114027260.jpg

イミダペプチドは消化吸収時に2つのアミノ酸に分解されますが、体の中で再合成されるそうです。
特に筋肉や脳細胞など消耗の激しい部位に、ピンポイントでイミダペプチドが再合成され、効果を発揮します。
これが他の抗酸化食品と比べて、イミダペプチドが優れている理由らしいのですが、なんかすごいですね!




【10日間飲んでみた感想】

このドリンクにはカフェインが含まれていないため、ほかの栄養ドリンクのように「飲んですぐシャキンッ!」とはなりません。
普通、飲み始めて5日目くらいから「あ、ラクになったかも」と感じるみたいです。

私は8月初旬の一番暑い時期、仕事で外回りを集中的に行う期間に合わせて、毎日1本ずつ、10本連続で飲みました。
1~2本目は何も感じませんでした。日中の外回りでへとへとに
3本目くらいから、何となくラクになったような…?
その後は軽いフットワークでスイスイ仕事がこなせましたよ。
最高に暑い時期だったから多少の疲れはあったけど、去年のバテッぷりと比べたら雲泥の差でした。
今年は食欲も普通にあり、朝起きるのが辛いこともあまり無かったです。
ありがたかった~(^^)

20140905114030239.jpg
1本分を普通サイズのガラスコップに入れてみました。
30mlだからほんの少しの量です。

りんご果汁で味付けしてあるそうで、確かにほんのりとりんごの味がします。
飲みやすいですよ。
でもやっぱり栄養ドリンクっぽい味で、「さわやかに甘くておいしい!」という感じではないです。
私は栄養ドリンクの味が嫌いではないので普通に飲めますが、苦手な方にはカプセルタイプのほうがおすすめです。
(ドリンクもカプセルも含有量は一緒)

価格は、かなり良心的だと思います!
ドリンク1本当たり268円(税込)。
ドラッグストアに並んでいる栄養ドリンクも、これくらいの価格が中心じゃないですか?
もっとお高いのだっていっぱいありますよね。
プロジェクトにかかった莫大な研究費用を考えると、破格に安いような気さえします。

(カプセルタイプのお試しは980円だからより気軽にトライできますね)

できれば毎日飲みたいけれど、それはさすがに高くつくので
ここぞというときに集中して飲みたいです☆

残暑厳しい9月、夏の疲れを引きずっている方は、試してみる価値があると思います♪



各種ランキングに参加しています。気に入っていただけましたらワンクリックお願いいたします♪
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
にほんブログ村

アンチエイジング ブログランキングへ
 


関連記事

0 Comments

Add your comment