ドライヤーのあて方次第で髪のツヤは変わる。

ヘアケアのお話です。
今回は、ドライヤーの効果的な使い方。

入浴後に髪を乾かすとき、ドライヤーの使い方をちょっと工夫するだけで髪がきれいになれます。
さらに、頭皮のムズムズの予防もできちゃいます。

忙しくてバサバサーっとおおざっぱに乾かしている方、生乾きのまま寝る方、ぜひぜひやってみてください☆


①すぐに根元を乾かす

洗髪後、時間を置けば置くほどムズムズしやすくなります。
(湿気がこもって雑菌が喜ぶ状態に!)
だから洗髪後はなるべく早く、そして「髪を乾かす」よりまず「頭皮を乾かす」ことに重点をおきます。

髪を掻き分けて、根元に風を送りましょう。
(↓モデルは娘です)

このとき、つい手で髪をパサパサ揺らしがちですが、パサパサさせ過ぎるとキューティクルにダメージを与えてしまうので、髪よりもドライヤーをフリフリ動かすように意識して乾かすとよいです。


201411181800350e9.jpg
②仕上げに冷風を当てる

当て方は、上から下に向かって。
キューティクルはウロコ状に下向きに重なっているので、上から当てるほうが髪の表面が整うのです。
また、冷風を使うことによって開いたキューティクルがきゅっと引き締まります。

たったこれだけで、髪のツヤが違ってきますよ☆


ドライヤーで乾かす前に、皆さんは髪に何かつけていますか?

私はスタイリング剤などは何も使っていないですが、頭皮と髪の老化予防のために頭皮エッセンス(CA101)を使っています。
頭皮に数箇所塗布した後に、モミモミと軽くマッサージ。スッキリ気持ちいい~♪


乾かした後、パサツキを感じたらほんの少しだけ美容オイルを毛先につけます。
オイルは、アイハーブで買ったホホバオイルだったりアルガンオイルだったり…洗面所に置いてある物をそのときの気分で適当に選んで。
どんなオイルでも、ちょっとでも多くつけ過ぎたら、「お風呂に入っていない人」みたいな髪になってしまうので気をつけて(笑)。




【ドライヤー選びは重要】

上の写真で使っているドライヤーはパナソニックのナノケアです。

Panasonic ヘアードライヤー ナノケア 白 EH-NA95-W

以前は「ドライヤーなんて、風が強ければ安くてもいいんじゃない?」と3,000円くらいのものを使っていました。
2年前にそれが壊れたとき、アマゾンで憧れのナノケアが結構安かったので(それでも私にとっては清水買いだけど)、思い切って買ってみたら…大正解!

安いものとは全然ちがう~!!

髪の乾くスピードも、ツヤの出方も、使い勝手も何もかもが。
お値段なりの価値があります。家電の中で「買ってよかったもの」ナンバーワンかも(^^)

とにかくパワフルで、頭皮までスッキリと、あっという間に乾きます。
そのため頭皮のムズムズ感が激変しました。
乾燥時間が短いから髪の健康にも良いと思います。

特に、小さいお子さんがいらっしゃるママにおすすめします。
子供と一緒にお風呂に入って、一人ひとり髪を乾かすのってかなり手間じゃないですか?
特に女の子の髪が長いと…。
我が家にも子供が2人いるから、自分を含めて3人分乾かすのに結構時間がかかっていたけど、ナノケアに変えたらその時間が大幅に短縮できて嬉しかったです(^^)
ママがラクできるアイテムとしてイチ推しです♪




つやを出すといえば…
過去記事で紹介したストレートヘアアイロンもかなりつやが出ます。

アイロン系は髪への負担が少し気になるので毎日は使っていませんが、週末のおでかけ時には必須アイテムです。
うねり毛も抑えられて、使うと使わないとでは見た目の印象が全然違ってきます(^^)

朝早くお出かけする用事のあるときは、前の晩にアイロンで整えて寝るとよいですよ。
一晩経ってもツヤ感はそのままで、寝癖がつきにくいから朝のスタイリングがとてもラクです。
あっ、これはストレートヘアの場合ですよ。くるくる巻き髪はどうなるか分かんないです(笑)


各種ランキングに参加しています。気に入っていただけましたらワンクリックお願いいたします♪
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
にほんブログ村

アンチエイジング ブログランキングへ
 
関連記事

0 Comments

Add your comment