L.L.Beanのトートバッグ → スモールのロングハンドルを買ってみたレポ

スタイリストの菊池京子さんの「K.K closet」が好きで

K.K closet スタイリスト菊池京子の365日 Autumn-Winter

本の中にちょくちょく出てくるL.L.Beanのトートバックが気になって買ってみました。



ブルーのスモール。
ハンドルがレギュラー丈のものは人気があり過ぎて、なんと8月上旬まで手に入らないので
ロング丈のものを買いました。
ロングはなぜかすぐに手に入るんです。

…と、L.L.Beanのトートに興味のない方には「なんのこっちゃ?」な話ですみません(^^;

このメーカーのトートバッグは、色、サイズ、モノグラムの有無等を好みで選択できます。
・サイズ→スモール、ミディアム、ラージ、エキストララージ
・ハンドルの長さ→レギュラー、ロング
・ハンドル&底の色→5色の中から
・オープントップorジップトップ
・モノグラムの有無(色、デザインいろいろ)

ジップトップを選択したり、モノグラムを入れたりすると、値段がじわじわ上がります(笑)

一番人気は、スモールのハンドルレギュラー丈。

公式サイトでもずーっと生産追加待ちが続いています。

私はそんなに待つのがイヤだったのと、子供と歩くことが多いので両手が開くように肩にかけられるほうが良いと思って、人気の無い(?)ロング丈にしました。

買う前に、「スモールのロング丈って、実際に持った感じはどうなんだろう?」とネットで画像を探しましたが、分かりやすいものがあまり無かったから、今回ちょっと詳しくレポします。
ロングにしようか迷っている方のお役に立てると嬉しいです(^^)

まず、持った感じ。

201504211309442ac.jpg
↑鏡のためモノグラムが反対に映っています。

うーん、微妙。

圧倒的にレギュラーが売れている理由が分かったような…

レギュラーのほうがバランスが良くて可愛いです。

まぁ、肩にかけられるのは便利ですけどね…

レギュラー丈だと、スモールの場合は肩にはかけられなくて、ミディアムならかけられるそうです。


次、ジップトップ。

2015042113094653f.jpg

オープントップ(ふたが無い状態)とジップトップ(チャックで閉められる)は1,000円違い。

オープントップのほうがL.L.Beanのタグがチラッと見えて可愛いと思いますが、
「閉められるほうが中が丸見えにならなくて安心だし、開けているときは中に折り込めばオープントップとして使える」
という意見をネットで見てジップトップにしました。

確かにこっちのほうが便利かな。
でも面倒くさがりな私は多分開けっ放しで使うから…それならオープントップでよかったかも


次、縫製。
2015042113094790d.jpg

アバウト。

届いてすぐに撮った写真です。
糸が出てる~。
(下側はバッグの内側の底です)
この価格でメイドインジャパンならありえないかな??
トートバッグは米国メイン州の自社工場で製造されているそうです。
縫製を細かくチェックする人ならたぶんすっごく気になると思いますが、おおざっぱな私はあんまり気にしてません(笑)
見た目は全然おかしくないし、作りがとってもしっかりしていて、多少内側の糸が出ていても支障はまったく無いです。


大きさはスモールで十分です。

スモールといっても、タブレットや500mlのペットボトルがすっぽり入る大きさです。
普段のお出かけにピッタリ。
おしゃれに持つならスモールがベスト、だそう♪

そして、生地はとっても分厚くてパリッとしてる!
想像以上にガッシリした生地でちょっと驚きました。
元々、厳しい自然の中で氷を運ぶために作られたバッグだそうで、実物を手に取ってみて、納得。
確かにこれなら、ごっつい氷を運べるわ~(^^)


…と、何だかんだ言いながら、便利に使ってます♪
2015042113094998a.jpg


各種ランキングに参加しています。気に入っていただけましたらワンクリックお願いいたします♪
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
にほんブログ村

アンチエイジング ブログランキングへ
 
関連記事

0 Comments

Add your comment