おでこのシワの原因と対策

前回の記事で書いた肌再生治療は、一時的な効果ではなく肌そのものが若返る治療で、しかも安全。
おでこのシワ回復にもすごく良いと思いました。

でも、やっぱり一番大事なのは予防で、シワができてしまっても自力のケア次第で進行は抑えられると思います。

おでこのシワは老けて見えるので、予防に力を入れてエイジレス美人を目指しましょう(^^)


しわの原因は

(1)紫外線
(2)表情ぐせによる「折りぐせ」。
(3)頭皮のこわばりと前頭筋の衰え
(4)肌の乾燥




【紫外線】

紫外線がしわやたるみを作ることを、私はおでこで実感しました。

20~30代のころ、前髪があるのが嫌で、いつもポンパドールにしたりカチューシャを使ったりしておでこ全開にしていました。
そしてあまり帽子をかぶらず、薄化粧で外をウロウロ…
私のおでこのシワの一番の原因はこれじゃないかと思っています。

真皮層のコラーゲンやエラスチンは加齢によって減少するうえに、紫外線によるダメージがさらに劣化を推し進めます。

日焼け止めだけでなく、前髪、帽子、日傘などで紫外線から守ることは大切ですね。




【表情ぐせ】


表情ぐせは、無意識のうちに頻繁に繰り返され、皮膚に「折りぐせ」が付いてシワに発展します。

おでこの場合は、眉を上げたり眉をひそめたりするくせのある人がシワになりやすいです。
だから、心当たりのある人は日ごろの眉の動きにちょっと注意を払って、なるべくクセをやめるように心がけることが大事。
無意識のうちにやっていることだから難しいのですが…

また、寝ているときに顔をしかめる人は非常に多いそうです(その主な原因は日中のストレスだそうです)。
寝ているときは完全に無意識だから、意識して直すのは無理。
対策としては、ゆったりリラックスして熟睡できるように、寝室にアロマを焚くとか、自分に合った枕を使うとか、部屋を真っ暗にして光の刺激を避けるとか、環境を整えましょう。

こんな便利なグッズもありますよ(↓)


顔のしわ対策に「シワ対策テープお徳用パック(200枚入り)」


シワが気になる部分にテープを貼ることで、無意識にできるシワを予防できます。
これがあれば安心して寝られそうですね(^^)
レビューが良いので私も買ってみようかな。


そして、眼瞼下垂の人はおでこにシワがよりやすいです。
眼瞼下垂とはまぶたが下がって目が開けにくくなる症状で、主に昔ハードコンタクトレンズを常用していた人がなりやすいと言われています。
花粉症などにより目をよくこする人も要注意です。
目が開けにくいので、無意識のうちに目を見開くクセができ、そのときに眉をぐいっと上げるため、眼瞼下垂の人はそうでない人よりも早くおでこにシワが発生しやすいようです。
眼瞼下垂の症状を自覚していて日常生活に支障を感じている方は形成外科で手術で治すことが可能です。
(私も手術を受けました。とても痛かったけど治って快適になり、見た目も良くなりましたよ。程度によりますが保険がききます)




【頭皮のこわばりと前頭筋の衰え】

頭と顔は一枚の皮でつながっているので、頭皮が衰えるとその延長線上にある顔も衰えることになります。

だから頭皮マッサージはとても大切です。
長時間座り仕事をしている人、PCやスマホに向かう時間が長い人は、上半身の血流が悪くなり頭が固くなりがちです。
コチコチにこわばった頭をもみほぐしてあげるとリフトアップ効果が期待できるほか、髪の育ちにも良い影響をもたらしてくれます。

やり方はとても簡単で、下から頭頂部に向かって、頭皮全体を指の腹で優しくマッサージしてあげるだけ。
頭皮マッサージ用のグッズを使う場合は、あまりゴリゴリしすぎないように(頭皮が傷みます)。

これ(↓)家電量販店でお試ししてみたらめちゃくちゃ気持ち良かったです!
プロに揉んでもらっているような感じでした。

パナソニック 頭皮エステ 皮脂洗浄タイプ シルバー EH-HM77-S


前頭筋の衰えもおでこのシワや顔のたるみに関係しています。

前頭筋とは、頭頂部から眉あたりまでに存在する筋肉で、ここを筋トレすることでシワ&たるみ予防ができます。

筋トレ方法もすごく簡単。
驚いた目をするだけです。
ギョッと目を見開くと前頭筋が連動するのが分かります。

ただ、そのまま見開くと眉が上がっておでこにシワが寄るので、
シワにならないように指で固定します。
こんなふうに(↓)
自撮りの関係上、画像では片側だけやっていますが、両手を使って両側に行います。

201603301644598a6.jpeg

眉が動かないように押さえて、
伏し目→クワッと見開く、を数回繰り返します。




【肌の乾燥】

乾燥による小じわが大じわに発展しないよう、保湿をしてあげることが大切です。

おでこに水分チェッカーをあててみると、他の部位と比較して意外と水分が少ないのが分かります。
(ほかのブロガーさんも同様のことを報告してくださったので、同じような傾向の方は多いと思います)

乾燥シイタケを水につけるとぷプックリ膨らむように、肌もシワが消えてプリッとなるといいのに~、
と保湿するたびにいつも思います(笑)
保湿できるのは角質層までだからそうはいかないけれど、乾燥小じわ対策には有効ですね。


あの手この手を使って、色々な方面から対策することで、きれいなおでこを長く保つことができますよ☆
おでこだけでなく、顔全体のたるみも。




【おまけ】


小顔体操・美肌体操―いつでもどこでも1回10秒で磨かれる
(↑)中古本が1円から。

顔のゆがみを正す「整顔体操」について書かれた本です。
ずいぶん前に買ったこの本に掲載されていた「おでこのシワ撃退体操」を紹介します。

20160330164456f64.jpeg

おでこ(生え際)の左右に「外頭角」という部分があります。前頭骨の端のかどで、角ばっている部分を触って見つけてください。

20160330164457e66.jpeg
↑拇指球

両手をおでこの前で軽く組み、拇指球(親指の付け根のふくらみ部分)を外頭角に当てます。


息を吸いながら拇指球で骨を押します。
(おでこを前に押し出しながら軽く持ち上げるイメージで)
息を吐きながら力を抜きます。これを3回。

これでシワが消えるかどうかは?ですが、頭皮のマッサージにもなって気持ち良いですよ♪



各種ランキングに参加しています。気に入っていただけましたらワンクリックお願いいたします♪
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
にほんブログ村

アンチエイジング ブログランキングへ
関連記事

0 Comments

Add your comment