ゼロカロリー飲料のちょっとこわい話と、おすすめ甘味料

昨日フェイスブックをチェックしていたら、エリカ・アンギャルさんがとても気になる記事をアップされていたので、ここにシェアします。

人工甘味料に潜む恐怖!?
“ゼロカロリー”や“ヘルシー”の落とし穴


ゼロカロリー飲料やシュガーレスのスイーツが実は良くないということは有名で、私もだいたい知ってはいたのですが、最新の研究報告がすごいんです!

イスラエルの科学者の研究によると、

人工甘味料の摂取
  ↓
腸内フローラのバランスが乱れる
  ↓
体重増加
  ↓
脂肪が、やがてお尻・太もも・お腹周りなどの部位に蓄積されていく


また、人工甘味料と天然甘味料をそれぞれ摂取し続けたグループの比較では、
天然甘味料グループは3ヶ月後も健康状態が良好だったのに対して、人工甘味料グループは、異常に高い血糖値がみられたそうです。

※注※
上記は、かなり内容を省略して紹介していますので、詳しくはぜひエリカさんのフェイスブックをご覧ください!
そのほかの研究報告もあり、すごく詳しく書かれていて参考になります☆


おなかやお尻周りに贅肉が増えるのは避けたいですねぇ

この記事を読んで、昔知り合いだった20代のアメリカ人女性を思い出しました。
きれいな顔立ちで顔はぜんぜん太っていないのに…
体がBIG。特におなかと腰回りにかなりの厚みがありました。
重いせいか、すぐ疲れてよくフーッと息をついていたのが強く印象に残っています。
ファーストフードを頻繁に食べてこうなったのかな?とずっと思っていましたが、
いま思うとゼロカロリー飲料も原因の一つだったのかもしれません。
毎日飲んでいましたから。
たぶん彼女はカロリーを気にして健康のためにゼロカロリー飲料を飲んでいたのだと思います。
昔は上記みたいな情報は無かったし、商品名にダイエットなんてついていたら誤解しちゃいますよね。




美容と健康を意識するなら、人工甘味料と白砂糖をできるだけ避けるのは鉄板。

ジュースや食品を買うときは表示チェックが欠かせませんね。
すべて避けることは無理だし、多量に摂取しなければさほど神経質にならなくてもよい気がしますが、選択肢が色々あるのなら健康に良いものを選ぶようにしたいです




家庭で料理をするときも、甘味料はできるだけナチュラルで血糖値が上がりにくいものがベスト。

私は、いつもスーパーでてんさい糖を買っています。
白砂糖より少し高いですが、白砂糖ほど血糖値が上昇しないうえ、オリゴ糖が含まれているからおなかに優しいのです。
さらに、南方の地域で作られる他の砂糖と違い、体を冷やす心配が無い点がうれしいですね。


↑私がいつも買っているもの。え?アマゾン高いですね??


アマゾンならこちらのほうがお手頃!
色が上のと違いますね。種類が違うの??


てんさい糖は液体のものに溶けにくいので、合わせ調味料を作ったり卵に加えたりするときは、私はよくアガベシロップを使います。

煮物にメープルシロップを使っても美味しいですよ。

はちみつを料理に使うと照りが良くなったり…
台所に甘味料を色々揃えておくと料理の腕が上がった気分になれます(笑)
健康のために、甘味料に投資する価値はあると思いますよ!

アイハーブの甘味料売り場

アイハーブはオーガニックで高品質な甘味料が豊富にそろっているのでしょっちゅうお世話になっています。
日本で買うより安いのがありがたい♪

ただ、アイハーブにも一部人工甘味料のものが販売されているので、しっかりチェックしてみてくださいね。
例えばWalden Farms。しっかり人工甘味料が入っています。
実は、日本にこのブランドが初上陸したとき、うたい文句の「ノンカロリー」に惹かれてドレッシングとキャラメルシロップを買ったのですが、どちらも人工的な甘みがあり、苦手でした…orz
ノンカロリーでこの甘さ、なんか怖い!って、ちょっとビビりました。


おすすめは蜂蜜とメープルシロップ!

オーガニックのココナッツシュガーも使いやすいですよ。血糖値が上がりにくいですし。
ただ、南方の食物だから、冷えを考えると冬はてんさい糖のほうがいいかな?と思います。


各種ランキングに参加しています。気に入っていただけましたらワンクリックお願いいたします♪
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
にほんブログ村

アンチエイジング ブログランキングへ
関連記事

0 Comments

Add your comment