【肌再生医療29】 北條先生の若さにびっくり!

20160921112224160.jpeg

2012年10月から「RDクリニック」で肌再生医療を始めました。
(現在、三田、銀座、新宿、大阪、博多、名古屋、札幌に有り)
ブログで治療の経過と情報をお伝えしています。

公式HPは→こちら



久しぶりの肌再生治療記事です。

治療を開始してからずっと東京の三田院で受けていましたが、オープンしたての新宿院に変わりました。

変えた理由は、新宿院では美容分野における肌再生治療の第一人者・北條先生に担当していただけるから。
北條先生は大変お忙しい方なので、直接見ていただける機会はなかなか無いのです。
現在は新宿院で診察してもらえますが、今後はほかの先生に担当が変わる可能性があるので、いまのうちに!と、検診だけ受けに行ってきました。

初めてお目にかかった北條先生は、
若いっ!

ネットや会報誌等で先生のお顔を拝見する機会はたびたびありますが、実物は画像よりもうんとお若い印象でした。
50代後半と言われると、エッ!と驚くレベル。
「おじちゃん」というより「青年」ですよ。
そして笑顔がさわやかな優しい先生でした。

北條先生は、ご自分を実験台にして長年移植を続けていらっしゃるので、見た目の若さはその治療の結果なのでしょう。
肌にハリがあってたるみが無いんですよ!

確か、効果を見極めるために顔半分だけ移植をしておられたそうですが、今回斜めの角度からしかお顔を拝見できなかったので、違いが確認できませんでした、ざんねん(^^;


新宿院の中の様子(↓)

20160921112226c1b.jpeg

個室にはラロッシュポゼのコスメが置かれていました。

201609211122214d5.jpeg

診察中の様子を看護師さんに撮っていただきました。
診察室はとってもシンプル。
受付もシンプルで、三田院と比べるとちょっと手狭。




さて、肝心な私の治療の経過は…

過去に目の周辺に2回、顔全体に3回移植をして、今回画像を確認すると、

形状の変化は頭打ち

でした。

この治療は、移植すればするほどどんどん若返るというものではないです。
主の目的は肌の老化予防。
自分の若い肌細胞を移植するので肌がちょっと若返り、ふっくらとしてたるみなどの老化が目立たなくなりますが、それはこの治療の副産物的効果で、整形とは異なります。
そして形状変化には個人差があります。

私の場合は、一番最初の目の周辺治療と、その次の顔全体治療のときにハッキリと見た目が変わりましたが、それ以降は現状維持の状態が続いています。

せっかく移植しても変化が無いのはちょっとつまらないですが、4年前と比べて老化が進んでいないというのはすごい治療効果だなと思います。

上の画像のPC画面をUPにしてみましょう(↓)

20160921112223fae.jpeg

見にくくてすみません(汗)
向かって左側が、治療を受ける前(2,012年)の私。
右のほとんど隠れている顔が現在の私。

昔はこんなに目の下がたるんでいたのか!って自分でもびっくりします。
目の下は特に治療効果が現れやすい場所で、最初の移植後、半年くらい経ってからたるみがある程度改善されてスッキリした印象になりました。いまもその状態をキープできています。


このまま続ければ、北條先生のように若さをキープできるかな…
還暦まで続けて治療の効果をこの目で確認したい、けど、お安くないのでそこまで続けられるかどうかは分かりません(^^;
せっかくなのでできる限り継続したいという気持ちはすごくあります。


北條先生は、特に大きな変化の無い私の画像を見て、
「今後は毎年受ける必要はないですよ。2、3年に1回くらい、気になるところだけ移植していきましょう」

と・いうことで、次回の移植は来年以降になりそうです。
再生治療のレポートの更新がしばらくストップするかもしれませんが、良い情報があればまた記事にしますので、引き続き読んでいただけると嬉しいです(^^)


各種ランキングに参加しています。気に入っていただけましたらワンクリックお願いいたします♪
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
にほんブログ村

アンチエイジング ブログランキングへ
 
関連記事

0 Comments

Add your comment