40代のアラフィフでもまつ毛が伸びた!リスクの無いサプリで育毛(まつ育)できるなんてビックリ…

まつ毛が伸びる&フサフサになると顔の印象が変わります。

整形級に、大きく、パッと華やかな目元になりますよねぇ。

だから、まつエク、つけまつげ、ラティースなどのまつ毛育毛剤にハマるとやめられなくなります。

それらが問題なく使えるならいいのだけど…

まつエクはコストがかかるのと、ポロポロ落ちるから摩擦やクレンジングに気を遣うのがちょっとストレス。

つけまつげは取るときにまぶたに負担がかかりがち。

まつ毛育毛剤は自まつ毛がよく伸びるけれど、もともと緑内障用のお薬なので副作用が伴います。目の周辺の黒ずみは避けられません。あと、かゆみや充血、めばちこができることも。
私はジェネリックのケアプロストを使用していましたが、どんなに衛生的に扱ってもめばちこができやすく、充血しがちだったので、自分には合わないなと断念しました。
(医薬品ではない美容液タイプのものでも、口コミを見てみると、人によっては医薬品と似たような状態になるようです)


そんなわけで、長いまつ毛を維持するのが煩わしくなり、最近はずっとマスカラのみでした。




ところが最近、こんなものを見つけまして。

201611261102485e2.jpg

可愛いパッケージでしょ?
一見コスメっぽいけど、
まつ毛を育毛できるサプリメントなんです。

メーカー:オルト㈱
商品名:バンビウィンク
内容量:60粒(1か月分)
原材料:
還元麦芽糖水飴、ドロマイト、酵母粉末、ポリアミン含有米胚芽抽出物、澱粉分解物、ビタミンE含有植物油、デキストリン、セルロース、グルコン酸亜鉛、V.C、カロテン、加工澱粉、クエン酸、ステアリン酸Ca、L-シスチン、V.B6、V.B2、ビオチン、葉酸、(原材料の一部にゼラチンを含む)
アットコスメの評価→こちら
定価:2,700円(税込)
定期:2,160円(税込)※いつでも解約OK

20161126110248e0a.jpg

日本のサプリだから粒が小っちゃ~い!楽勝で飲めます(^^)

成分等の詳細は後回しにして、10日間飲んだ時点でのビフォーアフターをお見せしましょう。

201611261102429ce.jpg

伸びてちょっと濃くなりました!写真を撮ってみてビックリ。

まだ2週間も経っていないんですけど!
※通常は、2週間~3ヶ月で体感を得られるそうです(個人差あり)。

正直に言うと、飲む前は心の隅に「サプリでまつ毛がワサワサ伸びるなんで、まさか(笑)」という思いがあり、もし伸びたらラッキー、くらいの軽い気持ちでした。
多少は伸びるかもしれないけど、代謝の落ちた40代後半が、若い子並みに伸びることはまず無かろうかと。

嬉しい誤算です♪
続けたら、この先さらに伸びるかもしれないのでしばらく続けようと思います。
長さにちょっとムラがあるので、均一に、よりフサフサになることを祈って(^^)

あと、「まつ毛に良い」ということはほかの部分の毛にも良いらしく、
私の場合は眉毛も伸びました。
もともと濃くてボサボサに長いから、ここの変化は無くてもよかったわー(^^;




バンビウィンクに含まれている主な育毛成分は、ビオチンポリアミン

ビオチンはビタミンの一種で、髪などの毛や爪の育ちに必要な成分として有名ですよね。
このサプリには1日の摂取目安量の10倍含まれています。
※ビタミンCと同じく水溶性ビタミンなので、過剰摂取による弊害はありません。ただ体内に貯めておけないので、2粒まとめて飲むより1日2回に分けて飲むほうが効果が上がるかもしれません)


ポリアミンも細胞分裂やタンパク質合成に不可欠な成分で、毛、爪、肌の新陳代謝によって消費されます。
通常、体内でアミノ酸から作られる成分ですが、悲しいことに加齢によって作られる量が減っていくとか…

メーカーの試験では、濃度の高いポリアミンは、育毛剤リアップに含まれているミノキシジルと比較しても育毛作用は遜色ないそうです。すごいですね~。

パッと見は若い子向けのサプリですが、成分的には年を重ねた私たちにピッタリな気がします。




口コミを見ると、
まつ毛が伸びた、増えたのほかに、ハリが出た、ビューラーを使っても抜けない、髪や爪もよく伸びるといった意見が多数。
評判はなかなか良いです。

まつ毛育毛剤のように目にトラブルが起きることは無いし、
小さな粒を2つ飲むだけでラクちんだし、
コスパは圧倒的に良いしで、私はかなり気に入っています。




VoCEベストコスメ、メガヒットアイテム30に【まついくサプリ】


各種ランキングに参加しています。気に入っていただけましたらワンクリックお願いいたします♪
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
にほんブログ村

アンチエイジング ブログランキングへ
 
関連記事

0 Comments

Add your comment