オーガニックで成分良好なのに…花粉、PM2.5、ロングUV-A、ブルーライト、近赤外線までプロテクト!しかも乾燥知らずの超優秀日焼け止め

日焼け止めは、最先端コスメからオーガニックコスメまで色々使ってきましたが、いま一番気に入っているのはブルークレールのもの。
UVカットマニアも納得の逸品です。
良い日焼け止めできちんと肌を守れば、シミ・シワ・たるみを未然に防ぐことができますよ。

20170302130210306.jpg

メーカー:ブルークレール

日焼け止めクリーム:
UVラグジュアリーデイクリームII SPF23/PA++
 (4,750円+税)
【使用成分】
水(白神山地の湧水) ・ホホバ油 ・酸化チタン(紫外線反射剤/ナノ粒子不使用) ・酸化亜鉛(紫外線反射剤/ナノ粒子不使用) ・リン酸アスコルビルMg(ビタミンC誘導体) ・エタノール(サトウキビなど穀物など穀物醸造の100%天然) ・ステアリン酸 ・シア脂 ・レシチン ・水酸化Al(天然鉱石)* ・水溶性コラーゲン ・セラミド1 ・セラミド2 ・セラミド3 ・セラミド6II ・ダイズエキス ・ソウハクヒエキス ・褐藻エキス ・水溶性エラスチン ・ヒアルロン酸Na ・カミツレ花エキス ・スイカズラエキス ・ダマスクバラ花油 ・オレンジ花油 ・ローズマリー葉エキス ・トコフェロール ・酸化鉄 ・アルミナ ・シリカ

ファンデーションパウダー:
ローズリッチUVパウダー SPF50+ PA++++
 (4,200円+税)
【使用成分】
硫酸Ba、マイカ、酸化チタン、ホホバ種子油*、窒化ホウ素、アルガニアスピノサ核油*、ヨーロッパキイチゴ種子油*、ヒポファエラムノイデス油*、セラミド3、スフィンゴ糖脂質、ダマスクバラ花水*、ダマスクバラ花エキス*、ザクロ種子エキス*、オウゴン根エキス、クズ根エキス、マグワ根皮エキス、ドクダミエキス、ビワ葉エキス、キハダ樹皮エキス、ヒアルロン酸Na*、ローズマリー葉エキス*、ダマスクバラ花油*、水、グリセリン*、ステアリン酸、酸化亜鉛、アルミナ、ミリスチン酸Mg、イソステアリン酸、シリカ、酸化鉄
※全成分においてキャリーオーバー無し *印:オーガニック認証取得成分使用

初めての方用トライアルセット→ブルークレール
全アイテム9点を80%オフで試せます。




【ナチュラル・快適・高機能・乾かない】
 
この2つのアイテムの良い点は

(1)成分良好なのに、使い心地が抜群に良い

(2)肌に優しいのに、高機能

(3)肌が乾燥しなくて1日中快適


(1)
普通、ナチュラルコスメの日焼け止めは、成分が良好なものほど使用感に難があり、ネチャネチャ、ギトギトして使いにくいものが多いのですが、ブルークレールの商品はビックリするほど使い勝手が良いです。
UVラグジュアリーデイクリームIIは、フワッフワに軽くてホイップクリームみたい!
お肌にスルスルと伸びて圧迫感ゼロ。

201703021301204e1.jpg

薄っすら黄色がかっていますが、肌にのせると色は出ません。
ファンデーションの下地にもおすすめ。

UVパウダーはかすかに色が出ますがカバー力は無く、これ一つでファンデーション代わりに使えるほどではないです。
仕上げ用パウダーとして、またはミネラルファンデーションの下地として使えます。

休日のメイクしたくない日は、この2点だけでもいいかも。多少の薄化粧効果はあります。


(2)
紫外線吸収剤不使用。
酸化チタン・酸化亜鉛はナノ粒子不使用。
さらに粒子を天然由来成分(レシチン等)でコーティング。
(酸化チタン、酸化亜鉛はそのままだと活性酸素を発生させるので粒子にコーティングすることが必要。コーティングにも天然由来成分を使用しているこだわりっぷり)
そのほかに、合成界面活性剤・合成ポリマー・合成紫外線吸収剤・シリコンオイル・鉱物油・合成着色料・合成香料不使用。

究極にナチュラルな日焼け止めなのに、公式サイトによると、
花粉、PM2.5、ロングUV-A、ブルーライトそして近赤外線までプロテクト。

驚きの高機能ですね。
デイクリームのUVカットはSPF23/PA++ でさほど高くは無いですが、日常使いとしては十分です。


(3)
そして、保湿力が高くて乾燥しにくいのがうれしいです。
保湿成分は、コラーゲン、セラミド、ヒアルロン酸、エラスチン、オーガニックのホホバオイル、シアバター。
体はともかく、顔に日焼け止めを塗ると耐えられないほど乾燥することが多いのですが、私にとって、これは唯一、丸1日経っても乾燥しない日焼け止めです。
だから冬も使っていました。

UVパウダーはSPF50+ PA++++と高数値なのに、粉がとてもシットリしていて乾かないのがすごい!
ほかのメーカーのパウダーは乾燥し、パウダーは仕方ないよね、そんなもんだよね、と思っていたから、初めて使ったときは驚きました。




【どんな日焼け止めでも、塗り直さないとダメ】

日焼け止めのSPFの数値は、紫外線をブロックする力を示しているものではなく、日焼け止め効果が続く時間を示しています。
塗りたての時点では、SPF30でもSPF50でも、ブロックする力は同じです。

理屈の上では、SPFの数値が高ければ高いほど、ブロックできる時間が長いのですが…

実際にはどんな日焼け止めでも、塗布して1,2時間後から、効果はどんどん低下していきます。

紫外線が当たることでスタミナがダウンし、さらに汗や皮脂で崩れて薄くなったりすき間ができたり。

そもそも、実験の数値どおりの効果を出すには、あり得ないくらいコッテリ塗る必要があり、常識的な使い方をして「SPF50を塗っているから1日大丈夫」と安心していてはいけないのです。

結局、何を使ってもこまめな塗り直しが必要ならば、肌に負担が大きい高数値のものより、負担が少ないそこそこの数値のもののほうが使いやすくて快適です。
そんな「1日数回の塗り直し」にブルークレールは適しています。
乾燥しないし、肌は疲れないし。

日焼け止めとしてはちょっと高価だけれども、そんな理由でリピート買いしています。
UVカットは、自分でできるスキンケアでは一番の頑張りどころで、投資の価値あるアイテムだと思うのです。


初めての方は、まずはトライアルセットで感触を確認してみてくださいね。
ほかのアイテムも色々試せます。(1週間分フルセット、1,580円)
ブルークレール


各種ランキングに参加しています。気に入っていただけましたらワンクリックお願いいたします♪
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
にほんブログ村

アンチエイジング ブログランキングへ
 
関連記事